夏野菜 茄子ってどうなん!?

どうも
ボクです(^O^)/

今日は
『茄子の揚げ浸し』の試作をしましたよ~\(^o^)/

画像の説明

絶品やった。

そんなに
茄子好きでもなかったはずなのに

いつのまにかファンに。

ファンになるからには

この子のことをしっかり知る必要がありますので、お勉強しましょう。

茄子ってどうなん!?

茄子の栄養・効能

栄養

低たんぱく、低カロリーで、栄養価はあまり高くない。

主成分は糖質で、ビタミンはA、B1、B2、Cをごく少量含んでいるだけ。

比較的多いのがカルシウム、ほかに鉄が含まれている。

なすに豊富なアントシアニンは、天然色素であるポリフェノールの一種。

赤ジソやブルーベリーなどに多く含まれ、抗酸化の作用とともに、血栓ができるのを防いだり、目の疲労を改善する効果があるそうですね~。



夏野菜は全般的に体から熱を逃がす効果がありますが、なすはとくにその作用が強く認められている。

昔から高血圧やのぼせ症になすを食べるといい、といわれたのはこのためだそうです。

夏場に常食していれば、体から熱を逃がし、のぼせを防いでくれます。


栄養成分(可食部100gあたり)

・カリウム→220mg
・β-カロテン→100μg
・葉酸→32μg
・ビオチン→2.3μg
・食物繊維→2.2g



ふむふむ。

ちなみに

あのなすの紫色は、ポリフェノールの一種・ナスニンという色素によるものだそうです。

ポリフェノール、、、

よく聞く単語ですが

いまいちピンとこない。

次回調べよう。

なんせ、このポリフェノールによる抗酸化作用とやらが注目されてるようですわ。

抗酸化作用か。

これも次回ですな。

とりあえず

栄養価はあまり高くはないが、多くの効能があることは分かりました(^O^)/

注意点としては

食べ過ぎて、カラダを冷やしすぎてしまうことかな。

ただ、これは

なすとなにか、カラダを温める食材を加えて料理したり、温かい料理に混ぜることで、解消できそうです。

なので、

今回試作した

『茄子の揚げ浸し』には生姜もはいっておりますよ!

とても美味でしたので、ぜひ食べてみて!(^O^)/

では~♪

コメント


認証コード4786

コメントは管理者の承認後に表示されます。