しょうがのいい話

冬は寒い、こたつやストーブ、お風呂もいいですが何かおいしいものを食べて温まりたいですよね?


そこで、生姜のいい話を紹介します

画像の説明


生姜のいい話


・カラダを温める

生姜の薬効成分はおよそ400種類以上といわれています

特に、カプサイシン、ショーガオール、ジンゲロール、ジンゲロンなどの辛み成分が代表的です

ボクの母親もよく言っていますが、カラダが冷えたり、風邪のときにはしょうが湯です

しょうがの効果の主な点は、カラダを温めるところです


辛み成分は代謝を高める働きをしますので、血行が良くなり体温が上がることにもつながります


・加熱して発汗力を高める

ジンゲロールは生の生姜に含まれ、免疫力を高めます


加熱し、30℃を超えると、血行を良くして発汗を促すショーガオールに変化し始め、100℃になるとショーガオールが多くなります


むくみや冷え症を改善したいときは、加熱した生姜のほうがオススメです


・毎日食べよう

季節や体調に関係なく、毎日食べることをオススメします

大量に摂取すると胃が荒れてしまうので、少量でOKです


毎日摂取するのはめんどくさいですよね


すりおろして冷凍保存

生姜焼きのタレにして保存

ジャムにして食パンに塗る


など工夫すれば気軽に生姜を摂取することができますよ!


今回は生姜のいい話でした

ちなみに、当店の5つあるメインメニューの中に豚汁があります

ボクの家庭では、この豚汁のなかに生姜をたっぷり加えることがあります


めっちゃあったまりますのでぜひ。


開店しましたら、寄り道程度で構いません!

当店の豚汁を利用していただいて、ご家庭で生姜をたっぷり入れて、この寒い寒い冬を乗り切りましょう!!